国内株式/REIT/ETF

ほくほくTT証券では、東証をはじめ、大証、名証、ジャスダックの取引所上場株式、その他の新興市場株式等の、国内株式市場の株式や不動産投資信託(REIT)、上場投資信託(ETF)をお取引いただけます。また、新規公開株式や公募・売出株式も取扱っています。

お持ちのパソコン等からもお取引いただけます。

国内株式とは

企業が事業を行うためには、多くの資金が必要です。そこで、企業は証券を発行し、他の企業や投資家から出資を募ります。この証券が株式(株券)です。株式は発行元によって「国内株式」と「外国株式」に分けられます。

REITとは?

REITとは、不動産を主な運用対象とする投資信託です。投資家から証券会社を通じて集められた資金を、運用のプロがオフィスビルやマンション等に投資をして、その賃貸料や売却益を投資家に分配するしくみの商品です。東証や大証等の金融商品取引所に上場されているので、通常の株式と同様に売買できます。REITは「Real Estate Investment Trust」の略で、不動産投資信託ともいいます。

ETFとは?

ETFとは、価格が株価指数、債券指数、商品価格等のさまざまな指標に連動するように運用されている投資信託です。金融商品取引所に上場されているので、通常の株式と同様に売買できます。ETFは「Exchange Traded Funds」の略で、上場投資信託と呼ばれています。指標の情報はニュース等で日々報道されていることから、値動きが把握しやすく、また個別株の投資に必要な企業分析等も不要なため、初心者でも始めやすい商品です。

新規公開株式および公募・売出株式について

  • 新規公開株式とは未上場会社が、新規に取引所上場する場合に行われる公募増資(新株発行)や売出される株式です。ご購入にあたっては、まずブックビルディング(※)へのご参加が必要となります。
  • 公募・売出株式とは、すでに上場している会社が募集する株式やその大株主より売出される株式です。上場している不動産投資信託証券(REIT)の公募・売出しもほくほくTT証券でお取扱いできます。ご購入にあたっては、まずブックビルディング(※)へのご参加が必要となります。

ブックビルディング…公募増資・株式売出しの際に、投資家の方々の需要申告を積み上げた結果を勘案したうえで発行価格等を決定する方式です。公募・売出株式については、お近くの店舗までお問い合わせください。

手数料諸費用について

国内株式 委託取引

国内の取引所金融商品市場における株券等の売買等についてお支払いになる委託手数料等は、次のとおりです。

  • 国内の金融商品取引所に上場されている株券等(新株予約権付社債券を除く。)
    委託手数料の上限は、約定代金の1.242%(税抜1.150%)になります。
    (当該金額が2,700円(税込)に満たない場合には、2,700円になります。)
  • 国内の金融商品取引所に上場されている新株予約権付社債券等
    委託手数料の上限は、約定代金の1.080%(税抜1.000%)になります。
    (当該金額が2,700円(税込)に満たない場合には、2,700円になります。)

国内株式 その他

  • 募集、売出しまたは相対取引の場合には、購入対価のみお支払いください。

国内株式 リスク

株券等(※1)の売買等にあたっては、株式相場、金利水準等の変動や、投資信託、投資証券、受益証券発行信託の受益証券等の裏付けとなっている株式、債券、投資信託、不動産、商品等(裏付け資産※2)の価格や評価額の変動に伴い、株券等の価格等が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
株券等の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合や、裏付け資産の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合、株券等の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
新株予約権、取得請求権等が付された株券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。

  • 1 株券等には、株券(国内市場上場の外国株券を含む。)、新株予約権証券、上場投資信託、上場投資証券、受益証券発行信託の受益証券、新株予約権付社債券等ならびに新規公開株式および新規公開の投資証券を含みます。
  • 2 裏付け資産が、投資信託、投資証券、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等である場合には、その最終的な裏付け資産を含みます。

REITのリスクおよび手数料

  • 国内上場不動産投資信託(以下、REIT)は、主に不動産を対象に投資していますので、不動産市況や自然災害等さまざまな要因による価格変動および発行者の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等により損失が生じるおそれ(元本欠損リスク)があります。
  • お取引をされる場合、店舗における国内の金融商品取引所に上場するREIT(売買単位未満を除く)の場合は、約定代金の1.242%(税抜1.150%)になります。
    (当該金額が2,700円(税込)に満たない場合には、2,700円になります。)

ETFのリスクおよび手数料

  • 上場投資信託受益証券(以下、ETF)は連動の対象となる株価指数、債券指数、商品価格(商品指数を含む)等の変動やマーケット等における需給関係等によって価格が変動し、損失を被ることがあります。
  • ETFの発行者および組み入れられた投資対象の発行者の経営・財務状況の変化またはそれらに関する外部評価の変化等によって価格が変動し、損失を被ることがあります。
  • 外貨建の資産で運用されるETFには、為替変動リスクやカントリーリスクがあります。
  • お取引をされる場合、店舗における国内の金融商品取引所に上場するETF(売買単位未満を除く)の場合は、約定代金の1.242%(税抜1.150%)になります。
    (当該金額が2,700円(税込)に満たない場合には、2,700円になります。)

ETFのその他リスク

ETFの中には、リンク債やOTCデリバティブ取引に投資するものがあり、それぞれ信用リスクが存在します。また、株価指数等の伝統的指標ではない、エンハンスト型指標等新しい指標に連動するETFについては、上場時に、その特性等の詳細が取引所のWEBサイト等で公表されています。ETFのリスクについて、次のリンク先よりご確認ください。

リンク債型ETFの信用リスク(日本取引所グループ)

OTCスワップ型ETFの信用リスク(日本取引所グループ)

エンハンスト型指標等新しい指標の特性等(日本取引所グループ)