仕組債

一般的な債券にはない特別な「しくみ」を加えた債券についてご案内いたします。一般に広く募集を行う「公募仕組債」のみならず、お客さまが希望するキャッシュフローや投資年限、許容リスク等に応じてオーダーメイドで発行される私募仕組債も取扱っています。

仕組債とは

仕組債とは、債券とデリバティブ取引の組み合わせにより、多種多様な金融商品を作ることが可能な債券です。
元本や利金が、参照対象とする株価、為替、その他各種指数等価格変動のあるものに連動する商品であり、利金の支払い方法ならびに償還方法等の条件を色々な形で設定することが可能です。
好利回りの債券を作り出せる一方、流動性(換金性)の低さ等仕組債特有のリスクも伴いますので、専門の担当者が対応いたします。

デリバティブは、金融派生商品です。金融派生商品とは、既存の金融商品(株式、債券、為替等)から派生した取引に付けられた総称です。

手数料等諸費用について

手数料等諸費用について

  • 国内店頭取引で外国証券を売買するときは、取引価格に取引実行に必要なコストが含まれているため、別途の手数料は必要ありません。
  • 債券・仕組債を募集、売出しまたは相対取引により購入される場合は、購入対価のみお支払いください。

外貨建債券の売買等にあたり、円貨と外貨を交換する際の為替レートは、外国為替市場の動向をふまえてほくほくTT証券が決定した為替レートによるものといたします。

リスクについて

  • 債券(新株予約権付社債券、個人向け国債を除く。以下同じ。)は、市場の金利水準等の変化に応じて価格等が変動しますので、償還前に換金する場合には、損失が生じるおそれがあります。また外貨建債券は、為替相場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
  • 債券の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合、債券の価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。